オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
    白い鳩

    対策などによって金額が異なる

    料金は各業者によってばらつきがあり、撃退方法や対策によって金額も違ってきます。ネットを施工することで撃退する場...

    Readmore
    空砲で撃退

    電気刺激など

    鳩駆除業者という言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、業者は複数存在します。ネットで調べることで、業者はす...

    Readmore
    黒い鳩

    高層ビル

    全国的に見ても、とくに都心部ではとくに高層ビルなどが増え、緑が減ってきているため今後も鳩の害は減らない、もしく...

    Readmore

知能の高い鳥

ベランダに張ったネット

家の軒下やベランダに、鳩が巣を作って迷惑を蒙ったという人は少なくないでしょう。
鳩という鳥は、巣を作るのに都合が良い場所と判断すると、遠慮なく巣を作ります。
それに、人をあまり恐れない性質のため、撃退やその対策に苦慮するのです。
鳩は意外な所に巣を作ります。

最近の事例では、太陽光発電のパネルと屋根の間に巣を構えたことが報告されています。
このような場所に営巣されると、まず撃退はできません。
天敵である猫でさえも入れない場所だからです。
とにかく知能の高い鳥には手を焼きます。
しかし、だからといって対策を怠れば、相手の思うがままです。

まず対策として、鳩が巣を作りやすい場所をなくします。
家の高い場所に窪みや穴があれば、即座に塞いでおきましょう。
巣を作られてからでは、撃退が難しくなるので、なるべく早めの対策を講じておきます。
もし、巣が作られていた後なら、巣を破壊して撃退します。
そして、鳩が逃げた後に、再び巣を作らせない様手を打つことです。

塗布

ネットの向こう側に巣

このように鳩の被害を被らないためには、ベランダから早期に撃退する必要があります。
そのためにはどうすれば良いかというと、まずはエサを与えないことです。

鳩というのは栄養状態がよくて、一年中繁殖します。
このため、エサやりをすると、住み着いてしまう習性があるからです。
それと、撃退するための対策として、ベランダにハトの気配を感じたらすかさず行って追い払うことが有効です。

ただ近寄っただけでは逃げないので、手を叩いて音を出したり、襲い掛かるまねをしたりして、「ここに来ると怖い」と印象付けるのが最適です。
そもそもハトは臆病な生き物なので、怖い思いをするとよってこなくなる可能性が高くなります。
その他の対策として、ハトがベランダに止まれないようにするために、足場になる場所にハトよけマットやテグスなどを付けると良いです。
また、ハトが訪れそうなところに忌避剤を塗布したり、強力な磁気を放つ物をぶら下げるのも効果があります。

ご近所トラブルの元

有刺鉄線で防御

最近では、ベランダに鳩が集まってきて被害をもたらしているという問題がクローズアップされるようになりました。
鳩は見た目にはかわいい生き物ですが、ベランダで放置しておくと、いろいろな被害をもたらします。
たとえば、鳴き声です。
ベランダに集まった鳩が集団で鳴くので、うるさくて朝早くに起こされてしまうという例が多くあります。
また、糞の問題もあります。

ベランダを汚すだけでなく、菌が繁殖し、人間が病気になってしまうこともあります。
糞が積もり乾いた状態のものを吸い込んでしまうことで、体の弱いお年寄りや子供は糞の中のカビが原因と思われる死亡例や、菌や羽による喘息も問題視されています。

 その他にも糞は、上のフロアから下のフロアへ落ちて、ご近所トラブルの元になります。
また、糞で樋が詰まり、雨が降った日には詰まってしまい大変なことになります。
その他にも、夏場には糞のせいで付近に臭いが漂って、窓も開けられなくなる被害もでています。

巣を作らせない環境

逃げ惑う鳩

鳩がベランダで巣を作ったり、糞尿をまき散らしていくのは人間にとってはとても迷惑なことです。
出来る限りお互いが安全をまもりつつ撃退できる方法をご紹介します。
まず、巣を作らせない環境を心がけます。

室外機の隙間などは巣作りにとてもいい場所になりますので、そのような場所に侵入できないようにネットなどを設置します。
もし巣作りを始めてしまったら、その都度木の枝などを取り除き鳥が嫌がるスプレーなどを散布すると良いでしょう。

糞尿が乾燥すると、そこに混入しているウィルスなどが飛散し人間へ伝染する恐れがあります。
気づいたらマスクなどをして水でしっかり洗い流し、使ったモップなども綺麗に洗っておくように注意しましょう。